茶色のあざ

茶色のあざ

茶色のあざは、何らかの原因により表皮に存在するメラニン色素が増加することにより現れます。
生まれつき、または思春期になって現れますが、基本的に悪性化することはありません。茶色のあざには、カフェオレ斑(かふぇおれはん)、扁平母斑(へんぺいぼはん)、ベッカー母斑(べっかーぼはん)があります。

扁平母斑(へんぺいぼはん)

扁平母斑は、生まれつきみられる茶色のあざで、体のいたるところに生じます。茶色の平たいあざが点々と散らばっている場合もあります。出生後しばらくしてから徐々にはっきりしてきます。一見「シミ」のように見え、色素は皮膚の浅い部位にありますが、色素のもとが毛孔の中の深い部位にあるため、再発率が高く治療に苦慮します。一般的に大きさや色の濃さが変化することはありません。

扁平母斑(へんぺいぼはん)の治療法

扁平母斑は悪化することはまずありません。一部のレーザー治療には有効性が認められていますがほとんどの場合レーザー治療を行ってから数か月~半年で再発してしまうケースが多いので当院ではレーザー治療はせず経過観察としてみていきます。

カフェオレ斑(かふぇおれはん)

カフェオレ斑は、生まれつき、または出生後しばらくしてから生じる茶色のあざで、体のいたるところに生じます。輪郭がはっきりしたカフェオレ色のあざで、大きさは0.2〜20㎝とさまざまです。日本人の10〜20%に見られるありふれたあざです。

カフェオレ斑(かふぇおれはん)の治療法

治療はせず経過観察としていきます。

ベッカー母斑(べっかーぼはん)

ベッカー母斑は、思春期に生じる大きな褐色のあざです。肩から胸部にかけて生じることが多いですが、おなかや手足に生じることもあります。表面はややザラザラしていて、約半数の方であざ部分に多毛がみられます。

ベッカー母斑(べっかーぼはん)の治療法

治療はせず経過観察としていきます。