新宿南口皮膚科のレーザー治療の特徴

保険レーザー治療

1)皮膚科専門医で、美容皮膚科レーザー指導専門医の院長が長年の経験、治療実績を踏まえ、診断から治療まで、一貫した治療を行います。
治療に用いるレーザー装置は、世界的なブランドであるシネロン・キャンデラ社製の標準機械で、安心して受けて頂けます。
また、レーザー治療後の肌のケアなどについても、多くのメニューを用意しております。

2)東京医科大学皮膚科レーザー外来で担当医として、毎週月曜午前8時30分から11時まで、院長がレーザー治療を行っています。
当院で診察うけられた患者さんで、大学でのレーザー治療を希望の場合、当院からレーザー外来の予約を直接とることができます。
時間帯に指定があるので、ご希望の方は前もってその旨をお知らせ下さい。

保険レーザー治療疾患

保険で受けられるレーザー治療はどのような病気かありますか?

  1. 太田母斑
  2. 異所性蒙古斑
  3. 外傷性色素沈着症(外傷性刺青)
  4. 単純性血管腫(東京医科大学皮膚科:レーザー外来)
  5. イチゴ状血管腫(東京医科大学皮膚科:レーザー外来)
  6. 赤ら顔(毛細血管拡張症)(東京医科大学皮膚科:レーザー外来)

保険診療と自費診療の違い

保険診療は、疾患、病気を治療する場合にのみ適用できます。ほとんどのシミは、老化現象による生理的現象で、病気ではありません。
従って、シミの多くは、保険治療は難しいですが、内服については可能な場合があります。積極的、確実な治療は、レーザーになりますが、自費診療になります。
見かけは、シミに似ていても、実はアザの場合もあります。アザは疾患ですので、保険診療が適応となります。
ふつうのシミか、病気のシミ(アザ)か、きちんと皮膚科専門医に診断を受けてから、治療を受けることが非常に大切です。

症状によっては他院をご紹介する場合があります。