シミの保険治療

一見同じように見える「シミ」でも、原因やできる部位によって、さまざまな種類があります。ここでは、とくに頻度の高い2種類のシミについて解説していきます。

肝斑(かんぱん)

肝斑ってどんなシミ?

肝斑治療

肝斑は、30〜40歳代の女性の顔に左右対称に現れる、淡い褐色のもやもやと広がった淡い褐色のシミです。
女性ホルモンのバランスの乱れが原因と考えられており、妊娠、経口避妊薬(ピル)の服用、ストレスなどでも発症もしくは症状が悪化することがあります。
紫外線で症状が悪化することも知られています。

同様に顔に現れやすい老人性色素斑との見分けかたとしては、輪郭がはっきりしているのが老人性色素斑、輪郭がはっきりしておらず、もやもやと広がっているのが肝斑です。

肝斑ができやすい部位と症状は?

肝斑は、顔面、とくに額、頬、口まわりに左右対称に生じる、輪郭がはっきりしない淡い褐色のシミです。自覚される赤み、痛み、かゆみはありません。ほとんどが30〜40歳代の女性に生じ、閉経後の女性では徐々にシミが薄くなったり消えたりする傾向があります。

肝斑の原因は?

紫外線で悪化するほか、妊娠、経口避妊薬(ピル)でも発症したり、悪化したりするので、女性ホルモンによるメラノサイトの活性化が原因と考えられています。また、ストレスとの関わりも指摘されています。しかしながら、いまだにこの病気の詳しい原因は不明です。

肝斑の診断

肉眼による診察と、ダーモスコピーによる検査でわかります。

肝斑の治療法

治療法としては保険診療ですとトランサミン酸、シナール、ハイチオールの内服薬の処方となります。
また、自費診療となりますが、ハイドロキノンの外用、ケミカルピーリング、イオン導入などで治療します。根治はなかなか難しいので、内服、外用などで長期につきあっていくことが必要です。
シミにはレーザー治療が主流となっていますが、肝斑は、メラノサイトの機能が亢進している機能異常ですので、一般にはレーザーによる治療は不適切で、してはならない治療法とされてきました。その理由は、高出力のレーザーでは刺激により肝斑が悪化する可能性が高いためです。

  • ハイドロキノン・・・シミの原因であるメラニンを生成するチロシナーゼという酵素をブロックする作用と、メラニン色素を生成するメラノサイトそのものに働きかけ減少させる美白成分が配合されたクリームです。
  • ケミカルピーリング・・・弱酸性の薬剤を皮膚に塗布し、皮膚表面の古い角質を取り去り、表皮細胞に刺激を与えてターンオーバーを促進させる治療法です。
  • イオン導入・・・高濃度ビタミンCなどの美肌成分を微弱な電流を流しながら皮膚深くまで浸透させる治療法です。

まずは、正確なシミの診断から治療が始まりますので、皮膚科専門医に診察してもらうことが大切です。