シミの保険治療

一見同じように見える「シミ」でも、原因やできる部位によって、さまざまな種類があります。ここでは、とくに頻度の高い2種類のシミについて解説していきます。

老人性色素班、日光性色素班

老人性色素斑ってどんなシミ?

肝斑治療

老人性色素斑は、紫外線を長年浴びたために起こる「光老化」と、加齢によって起こる皮膚の老化による“いわゆる老人のシミ”です。これまでに浴びてきた紫外線によるダメージが蓄積した結果、シミとして現れます。

老人性色素斑ができやすい部位と症状は?

老人性色素斑は、日常的に日光にあたる顔に現れることの多いシミです。薄茶色で輪郭がはっきりしているのが特徴で、日本人では通常40歳前後から現れることが多いです。紫外線を浴びやすいアウトドアでの水泳、サーフィン、ヨット、登山、ゴルフ、テニス、マラソンなどを子どもの頃から行っていたという方では、20歳代後半から現れることもあります。顔以外にも、手の甲、首、腕、背中などに生じます。できてしまった老人性色素斑は自然に治ることはなく、年齢とともに少しずつ色が濃くなったり、増加していきます。

老人性色素斑の原因は?

老人性色素斑の原因のほとんどは、紫外線によるものです。
通常、メラニン色素は表皮のターンオーバーにより角質とともに垢として排出されますが、紫外線対策をせずに慢性的に紫外線を多く浴び続けると角化細胞がダメージを受け、メラノサイト(色素細胞)に「メラニン色素をつくれ」という命令が出続け、メラニン色素が過剰に産生されてしまいます。また、加齢によりお肌のターンオーバーが滞っていると、メラニン色素が沈着し、シミができてしまいます。また、ある種のホルモンは直接、メラノサイトを刺激してメラニン色素をつくり、シミを増やすといわれています。

老人性色素斑の診断

肉眼による診察と、ダーモスコピーによる検査でわかります。

老人性色素斑の治療法

保険診療内ですと、ハイチオール、トラネキサム酸などの内服がありますが、あくまで補助的治療とお考えください。自費診療の治療としては、ビタミンCローションの外用やハイドロキノン、レチノイン酸の外用薬との併用がおすすめとなります。

  • ハイチオール内服・・・シミの原因となる過剰なメラニンの発生を抑制したり、過剰にできてしまったメラニンを無色化したり、肌の代謝を正常化して、角質に沈着したメラニンの排出をサポートし、肌のターンオーバーを正常化させます。
  • トラネキサム酸内服・・・メラニンが作られる前の段階でメラノサイトの活性化をブロックし、シミができる初期の段階からシミが作られるのを防ぎます。
  • レーザー治療・・・メラニンの黒い色素に反応する特殊な光を照射し、メラニンを多く含む細胞のみを破壊する治療です。破壊された細胞はかさぶたとなってはがれ落ち、その後にきれいな細胞に生まれ変わります。
  • ビタミンCローション外用・・・メラニンの合成を阻害し、シミを作りにくくします。
  • ハイドロキノン・・・シミの原因であるメラニンを生成するチロシナーゼという酵素をブロックする作用と、メラニン色素を生成するメラノサイトそのものに働きかけ減少させる美白成分が配合されたクリームです。
  • レチノイン酸・・・皮膚のターンオーバーを高め、メラニンの排出を促すクリームです。

まずは、正確なシミの診断から治療が始まりますので、皮膚科専門医に診察してもらうことが大切です。